観光バスと乗用車が衝突 21人搬送 男性が死亡 長野 松本

観光バスと乗用車が衝突 21人搬送 男性が死亡 長野 松本
k10011992351_201907131849_201907131850.mp4
13日午後、長野県松本市の国道で観光バスと乗用車が衝突して合わせて21人が搬送された事故で、このうち乗用車を運転し意識不明の重体となっていた男性が死亡しました。
13日午後0時半ごろ、長野県松本市安曇の国道158号で、観光バスと乗用車が衝突しました。

警察によりますとこの事故で乗用車を運転していた大阪市住吉区の公務員、金岡新太郎さん(56)が意識不明の重体となり、病院で手当てを受けていましたが死亡しました。
また金岡さんが運転する車の助手席に乗っていた52歳の妻も大けがをしました。

このほか観光バスに乗っていた19人の乗客が首の痛みなどを訴えて市内の病院で手当てを受けましたが、いずれもけがの程度は軽いということです。

観光バスは茨城県ひたちなか市の会社が所有していて、会社によりますと13日朝、茨城県を出て1泊2日の予定で長野県に向かっていたということです。

警察によりますと現場は北アルプスの山々をのぞむ松本市の上高地に通じる片側1車線の道路で、3連休の初日ということもあって当時、多くの車が通行していたとみられるということです。警察は事故の状況を詳しく調べています。