海水浴場で不明の警察官 遺体で発見 島根

海水浴場で不明の警察官 遺体で発見 島根
12日、島根県浜田市の海浜公園で海水浴中に行方が分からなくなっていた広島県警察本部の警察官の男性が13日朝、遺体で見つかりました。
12日午後2時半ごろ、島根県浜田市の石見海浜公園にある海水浴場で休みを利用して訪れていた広島県警察本部の警察官の男性6人のグループが海水浴をしていたところ次々と波に流されました。

このうち5人は自力で岸にたどりついたり救助されたりして無事でしたが、広島南警察署の井上裕太さん(24)が1人で乗っていたボートが転覆したあと行方が分からなくなっていました。

浜田海上保安部や警察などは12日に続き13日午前6時ごろからおよそ30人の態勢で現場付近を中心に捜索しました。

その結果、午前8時すぎ、現場から東におよそ100メートル離れた海底で男性の遺体が見つかり、井上さんと確認されました。

現場付近は12日はうねりのある大きめの波が立っていたということで、海上保安部は井上さんが溺れたとみて当時の状況などを調べています。