ニューヨーク摩天楼の谷間に沈む夕日 見られるのは年2回だけ

ニューヨーク摩天楼の谷間に沈む夕日 見られるのは年2回だけ
k10011992181_201907131120_201907131121.mp4
ニューヨークのマンハッタンで、ふだんは高層ビルに隠れて沈む夕日が12日、摩天楼のわずかな隙間にゆっくりと沈む様子が見られ、足早に歩くニューヨーカーも立ち止まって、珍しい夕日に見入っていました。
マンハッタンの中心部は道路が碁盤の目のように整備されていて、夏至をはさんで年に2回、東西およそ3キロにわたる道路の先に、10分間ほど夕日が沈むのを見ることができる日があります。

12日は午後8時16分ごろ、摩天楼の谷間に夕日が見え始めると、集まった人たちから歓声が上がりました。夕日は、逆光で影になった摩天楼の谷間からビルの窓ガラスを赤く照らしたり、道路に集まった見物客に長い影を落としたりしながら、ゆっくりと沈みました。

この現象は、ニューヨークに住む天文学者が巨大な石の柱の間に夕日が沈むイギリスの古代遺跡ストーンヘンジになぞらえ「マンハッタンヘンジ」と名付け、知られるようになりました。

ことしは5月にも観測のチャンスがありましたが、曇り空で夕日は見られませんでした。

1年ぶりとなる幻想的な夕日を写真に収めようと、多くの人が車道の真ん中に出て撮影したため、安全確保のため警察が車両を一時的に止める一幕もありました。

去年スペインからニューヨークに移住したという24歳の男性は「引っ越して以来、この瞬間を1年近く待っていました。ついに見られてうれしいです」と喜んでいました。