ヘビメタに合わせて編み物!? 世界大会で日本チーム優勝

ヘビメタに合わせて編み物!? 世界大会で日本チーム優勝
k10011992151_201907130915_201907130917.mp4
ロックスタイルの1つ、ヘビーメタルの演奏に合わせて編み物をしながらパフォーマンスを競う、一風変わったイベントが北欧のフィンランドで開かれ、日本から参加したチームが優勝しました。
「ヘビーメタル編み物世界選手権」と名付けられたこの催しは、11日、フィンランド東部のヨエンスーで初めて開かれ、日本をはじめアメリカやロシアなど9か国のチームが参加しました。

特設のステージでは重低音を響かせたヘビーメタルの生演奏に合わせて、顔を白くメークした男性や騎士の衣装姿の2人組の女性らが、体や頭を激しく揺らしながら編み物をすると、会場は笑い声につつまれました。

また、お笑い芸人5人からなる日本のチームも参加し、演奏のかたわらで力士にふんした2人が取組をしたり、着物姿の女装した男性が編み物をしたりするパフォーマンスを披露しました。

そして審査の結果、日本のチームの優勝が発表されると、メンバーたちは抱き合って喜び合い、毛糸で編まれた小さな冠が贈られました。

優勝したお笑いコンビ「うしろシティ」の金子学さんは「毛糸と音楽はことばを超えるということを伝えたかった」と話していました。