梅雨寒続く 東京都心は8日連続で25度下回る 平成5年以来

梅雨寒続く 東京都心は8日連続で25度下回る 平成5年以来
k10011992111_201907130608_201907130609.mp4
東日本と北日本の太平洋側で、先月末から日照時間が少なく気温が低い、いわゆる梅雨寒が続いています。東京の都心では、12日まで8日連続で最高気温が25度を下回り、7月としては全国的に冷夏となった平成5年以来の記録となりました。
気象庁によりますと、オホーツク海高気圧の影響などで東日本と北日本の太平洋側を中心に北寄りの冷たく湿った空気が流れ込み、平年より気温が低い、いわゆる梅雨寒となっています。

東京の都心では12日の最高気温が21度9分と8日連続で25度を下回り、7月としては全国的に冷夏となった26年前の平成5年の記録と並びました。

11日までの10日間の日照時間の合計は、前橋市が1.1時間で平年の3%、東京の都心が5.2時間で平年の13%、名古屋市で平年の40%、仙台市で平年の59%など、大幅に少なくなっています。

今後の見通しです。

13日は東京の都心の最高気温が27度と予想されるなど、各地でここ数日に比べて気温が高くなる見込みです。

ただ東日本と北日本の太平洋側では今後1週間も曇りや雨の日が多くなり、東日本では平年と比べて気温の低い状態が続く見込みで、気象庁は農作物の管理に注意するよう呼びかけています。

その後、今月20日からの1週間は東日本の太平洋側で晴れの日が多くなるなど、広い範囲で平年並みの暑さになると予想されています。