日韓事務レベル会合 韓国側「世界に悪影響」 遺憾示す

日韓事務レベル会合 韓国側「世界に悪影響」 遺憾示す
日本政府が韓国への輸出規制を厳しくしたことを受けて東京で行われた両政府による事務レベルの会合で、韓国側は「世界に悪影響を及ぼす」として遺憾を示しました。さらに日本側から十分な説明がなかったとして、今月中に再び会合を開くことを提案したとしています。
日本政府が韓国への輸出規制を厳しくしてから初めてとなる日韓両政府の事務レベルの会合が、12日、都内でおよそ5時間にわたって行われました。

これを受けて韓国産業通商資源省のイ・ホヒョン(李浩鉉)貿易政策官は12日夜ソウルで記者会見し、日本側の措置を「正当ではない」としたうえで「世界に悪影響を及ぼす」として遺憾を示したことを明らかにしました。

そのうえで、日本政府が不適切な事案があったと指摘していることについて説明を求めたところ、日本側は具体的に回答しなかったものの、韓国から第三国への不正輸出ではなく、日本から韓国への輸出手続きに問題があることを示唆したとしています。

また日本がWTO=世界貿易機関のルールに反していないと主張している点については「納得しておらず、説明も足りない」と日本側に伝えたということです。

そして今月24日までに再び両国の当局者間の会合を開くことを求めましたが、日本側は応じるかどうか、明らかにしなかったとしています。