英 ペルシャ湾に新たな艦艇を派遣 緊張高まるおそれも

イギリス国防省は12日、自国のタンカーがイランの船から進路を妨害されたとしているペルシャ湾のホルムズ海峡周辺に新たな艦艇を派遣することを明らかにしました。イランとの対立が続く中、緊張が一段と高まるおそれがあります。
ペルシャ湾のホルムズ海峡では、イギリス政府が、自国のタンカーがイランの船3隻に進路を妨害されたと発表したのに対し、イラン側は関与を否定しています。

こうした中でイギリス国防省は12日、自国の商業船の自由な航行を維持するためとして、ホルムズ海峡周辺に新たな艦艇を派遣することを明らかにしました。

ただ国防省は今回の艦艇の派遣について、その海域ですでに展開している別の艦艇が保守点検に入るため、その代わりとして派遣することになったと説明しています。

一方でイギリスのメディアの中には、2隻が同時にこの海域で行動し、警戒監視態勢を強化するとの見方を伝えるところもあります。

両国関係をめぐっては、イギリス領ジブラルタルの当局が今月4日にイランのタンカーを拿捕(だほ)して以降、解放していないことに対し、イランは「危険なゲームで重大な結果を招く」と警告し強く反発しています。

両国の対立が続く中でイギリスが新たな艦艇をホルムズ海峡周辺に派遣することで緊張が一段と高まるおそれがあります。

トランプ大統領「イランは危ない橋 渡っている」

一方、アメリカのトランプ大統領は12日、ホワイトハウスで記者団からイラン情勢について問われ「イランは気をつけた方がいい。彼らはとても危ない橋を渡っている。イランよ、聞いているのなら気をつけたほうがいい」と述べました。

イランがウラン濃縮度を核合意で決められた制限を超えて引き上げる中、トランプ政権は制裁を強化する構えを見せているほか、軍事攻撃の可能性も排除しない姿勢を示していて、改めてイランに警告のメッセージを発した形です。