輸出規制 日本側は韓国の対応見極めたい考え

輸出規制 日本側は韓国の対応見極めたい考え
k10011991991_201907130618_201907130629.mp4
韓国への輸出規制をめぐって12日に行われた日韓の事務レベル会合で、日本は韓国の貿易管理の体制が不十分だと指摘しました。改善が見られないかぎり措置を見直すことはないとしていて、韓国側がどう対応するのか見極めたい考えです。
日本が韓国に対する半導体の原材料などの輸出規制を厳しくしてから初めて行われた日韓両政府の事務レベル会合は、当初の見込みを大幅に上回るおよそ5時間におよびました。

経済産業省によりますと、日本が輸出規制を強化したのは、軍事転用も可能な原材料で不適切な事案があったことや、韓国側の貿易管理体制が不十分なことなどが理由だと説明しました。

そのうえで、日本側が当局どうしで対話する機会を求めたのに韓国側が一切応じなかったため、予防的な措置として輸出規制を厳しくしたと伝えました。

これに対し韓国側からは措置の撤回を求める発言などはなかったということで、経済産業省は「説明した内容は理解してもらった」としています。

しかし、これまでに韓国政府は日本の措置に対して、WTO=世界貿易機関への提訴を検討しているほか、国連の専門家パネルなどに調査を依頼する案を示し、両国の認識に大きな違いがあることが浮き彫りになっています。

日本は韓国側の貿易管理体制に改善が見られないかぎり措置を見直すことはないとしており、今回の会合を経て韓国側がどう対応するのか見極めたい考えです。