NY株価 利下げ期待から3日連続で最高値を更新

NY株価 利下げ期待から3日連続で最高値を更新
12日のニューヨーク株式市場では、アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会が今月利下げに踏み切るという期待から、ダウ平均株価は取り引き時間中の最高値を3日連続で更新しました。
ニューヨーク株式市場は12日も幅広い銘柄に買い注文が集まり、ダウ平均株価は2万7300ドルを超え、取り引き時間中の最高値を3日連続で更新しました。

結局、ダウ平均株価の終値は前の日に比べて243ドル95セント高い、2万7332ドル3セントでした。

FRBのパウエル議長が10日の議会下院の公聴会で、景気の減速を防ぐために利下げに踏み切る可能性を示唆して以降、株式市場では今月下旬に利下げが行われるという期待が強まっていて、前日の11日には初めて2万7000ドルを突破していました。

市場関係者は「投資家の間に利下げがほぼ確実という安心感があり、株を積極的に買う動きにつながっている」と話しています。