“無銭宿泊”で逮捕の教諭 不起訴 北海道

北海道登別市の温泉旅館に宿泊しながら、3泊4日分の代金などを支払わなかったとして詐欺の疑いで逮捕された中学校の男性教諭について、札幌地方検察庁室蘭支部は不起訴にしました。
北海道上川町の中学校に勤める29歳の男性教諭は、ことし4月から5月にかけて知人の男と登別市の温泉旅館に宿泊した際、3泊4日分の代金など17万6千円あまりを支払わなかったとして、詐欺の疑いで逮捕されました。

この教諭について、札幌地方検察庁室蘭支部は捜査の結果、12日付けで不起訴にしました。

検察は不起訴の理由を明らかにしていません。

一方、同じく詐欺の疑いで逮捕された知人の43歳の男については、捜査が続けられています。