国内女子ゴルフ タイの19歳が首位浮上

国内女子ゴルフ タイの19歳が首位浮上
女子ゴルフの国内ツアーの大会は、北海道苫小牧市で第2ラウンドが行われ、タイの19歳の選手がスコアを7つ伸ばして首位に立ちました。
タイの19歳、S・ランクン選手は、12日の第2ラウンドをバーディー8つ、ボギー1つで回り、スコアを7つ伸ばして通算10アンダーとし、12位から単独首位に浮上しました。

首位でスタートした20歳の河本結選手は12日、バーディー5つ、ボギー2つでスコアを3つ伸ばしましたが、首位と1打差の2位に後退しました。

さらに1打差の3位に台湾のテレサ・ルー選手がつけ、4位には、韓国のイ・ボミ選手、岡山絵里選手、それに19歳の稲見萌寧選手の3人が通算7アンダーで並んでいます。

前の週に優勝した渋野日向子選手は、通算5アンダーで9位、前日首位に並んでいた青木瀬令奈選手は、スコアを2つ落とし通算4アンダーで11位に後退しました。