中日・与田監督がオーナーに前半戦を報告

中日・与田監督がオーナーに前半戦を報告
プロ野球・中日の与田剛監督が球団の白井文吾オーナーに前半戦の戦いを報告し「最後まで優勝を目指して戦う」と後半戦の巻き返しを誓いました。
中日は3月と4月は勝率5割でスタートしましたが、開幕投手を務めた笠原祥太郎投手や平田良介選手など、主力に離脱者が出たほか、シーズン序盤に押さえを務めた鈴木博志投手の不調もあって前半戦を負け越し5位で終えました。

与田監督は12日午後、ナゴヤドームに隣接する球団事務所で前半戦の戦いや現在のチーム状況について白井オーナーに報告しました。

1時間余り及ぶ会談のあと白井オーナーは「『よくやっている』と満足はできないが、与田監督が一生懸命やっていることは伝わっている。最後まで優勝を目指して戦ってもらいたい」と奮起を促しました。

一方、与田監督は「オーナーからは『後半戦は順位を1つずつ上げて上位を目指してほしい』と言われた。可能性があるかぎり、最後まで優勝を目指したい」と後半戦の巻き返しを誓っていました。