中日 松坂 1軍練習に合流「楽しみと不安が半々」

中日 松坂 1軍練習に合流「楽しみと不安が半々」
プロ野球 中日の松坂大輔投手が12日、1軍の練習に合流しランニングや投球練習で汗を流しました。
ことし2月のキャンプで右肩を痛めた松坂投手は5月に二軍の試合で復帰登板を果たしたあと、順調な回復ぶりを見せ、与田剛監督は、オールスターゲーム後の今月15日から始まるシーズン後半戦から松坂投手を1軍の先発ローテーションに加える考えを示しています。

松坂投手は12日、ナゴヤドームで行われた1軍の練習に合流しました。

ランニングなどをしたあと投球練習を行い、キャッチャーを立たせたままで変化球を交えて30球ほどを投げました。

松坂投手は「登板が決まったことは素直にうれしく、楽しみと不安が半々な気持ちです」と話していました。

前半戦を5位で終えた中日はチーム防御率がセ・リーグ6チーム中5番目と悪く、巻き返しに向けて松坂投手の活躍に期待がかかります。