大相撲名古屋場所6日目 6連勝は横綱 鶴竜と白鵬だけに

大相撲名古屋場所6日目 6連勝は横綱 鶴竜と白鵬だけに
k10011991521_201907121959_201907122003.mp4
大相撲名古屋場所は6日目、鶴竜と白鵬がそろって勝って、6連勝は横綱2人となりました。
中入り後の勝敗です。

魁聖に琴勇輝は琴勇輝が引き落としで勝ちました。

炎鵬に矢後は炎鵬が「かいなひねり」で勝って5勝1敗と星を伸ばしました。

豊ノ島に千代丸は、千代丸が引き落とし。

佐田の海に照強は佐田の海が浴びせ倒しで勝ちました。

照強は初日からの連勝が「5」で止まりました。

輝に琴恵光は輝が上手投げ。

錦木に松鳳山は松鳳山が小手投げ。

大翔鵬に栃煌山は大翔鵬が寄り切り。

隠岐の海に貴源治は隠岐の海が下手投げ。

阿武咲に千代大龍は行司軍配差し違えで阿武咲が押し出し。

妙義龍に琴奨菊は妙義龍が寄り切り。

宝富士に友風は宝富士が引き落としで勝ちました。

初日から5連勝の友風は初黒星です。

逸ノ城に志摩ノ海は逸ノ城が寄り切り。

北勝富士に明生は北勝富士が小手投げ。

新小結竜電に御嶽海は御嶽海が押し出し。

玉鷲に朝乃山は玉鷲が押し出し。

大関高安に大栄翔は高安がはたき込み。

正代に大関豪栄道は正代が寄り切りで勝ちました。

大関栃ノ心は右ひざや左肩のけができょうから休場し、新小結阿炎が不戦勝です。

遠藤に横綱鶴竜は鶴竜がはたき込み。

横綱白鵬に碧山は白鵬がはたき込みで勝ちました。

この結果、6連勝は、早くも横綱2人となりました。