NHK厚生文化事業団 福祉支援の「わかば基金」贈呈式

NHK厚生文化事業団 福祉支援の「わかば基金」贈呈式
地域に根ざした福祉活動に取り組む団体を支援するNHK厚生文化事業団の「わかば基金」の贈呈式が12日都内で行われました。
NHK厚生文化事業団のわかば基金の贈呈は今年度で31回目で40の団体に活動のための支援金などが贈られました。

支援金部門では、
▽知的障害がある人たちがスポーツをするのを支援する埼玉県深谷市の団体「彩の国レッドキング」、
▽全身に強い痛みなどが出る線維筋痛症の患者や家族の支援を行う千葉県大網白里市の「前向き闘病の会」など、16の団体に支援金が贈られました。

自然災害の被災地での活動を支援する部門では、豪雨の被害を受けた福岡県朝倉市で地域再生の活動に取り組む「杷木復興支援ベース」など3つの団体に支援金が贈られました。

「杷木復興支援ベース」の望月文代表は「災害から2年目になり復興ということばが使える状況になってきた。支援金は、流されてしまった農機具やたい肥などの購入に使っていきたい」と話していました。

このほか、
▽住民が支え合える地域づくりを支援する東京 練馬区のNPO法人「ハッピーひろば」や、
▽DVの被害を受けた女性や子どもの支援を行うNPO法人「女性ネットSaya-Saya」(さやさや)など、21の団体に、リサイクルしたパソコンが贈られることになっています。