潜水艦から大量コカイン押収 末端価格210億円超 米沿岸警備隊

潜水艦から大量コカイン押収 末端価格210億円超 米沿岸警備隊
k10011990941_201907121020_201907121022.mp4
アメリカの沿岸警備隊は、南米コロンビアの沖合で麻薬の密輸業者の取締りを行い、小型の潜水艦からおよそ8トン、末端価格で日本円にして210億円を超える大量のコカインを押収したと発表しました。
アメリカの沿岸警備隊は先月、南米コロンビア沖の太平洋を麻薬を積んだ小型の潜水艦が航行しているという情報を得て取締りを行い、そのとき撮影した映像を公開しました。

映像には、潜水艦が沿岸警備隊のボートを振り切ろうと高速で航行する様子や、隊員が「いますぐ止まれ」と叫んだあと潜水艦の上にとび移る様子が写っています。

沿岸警備隊によりますと潜水艦からは7.7トン余り、末端価格でおよそ2億ドル(210億円)を超えるコカインが押収されたということです。

アメリカの沿岸警備隊は、密輸に関わった疑いで潜水艦の乗組員たちを逮捕するとともに、背後に大がかりな組織があるとみて全容の解明を進めています。