眞子さま ペルー大統領を表敬訪問 歓迎昼食会に出席

眞子さま ペルー大統領を表敬訪問 歓迎昼食会に出席
ペルーを公式訪問している秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、大統領を表敬訪問し、歓迎の昼食会に出席されました。
眞子さまは、現地時間の11日昼すぎ、首都リマの大統領府に到着し、外務大臣の出迎えを受けられました。

大統領府の建物の前で歓迎行事が行われ、着物姿の眞子さまは、ペルー軍の儀じょう隊の栄誉礼を受け、一礼してこたえられました。

このあと眞子さまは大統領府に入り、ビスカラ大統領と握手を交わして懇談に臨まれました。

大統領が歓迎のことばを述べると、眞子さまは感謝の気持ちを述べたうえで、前の日に日本人の移住120周年の記念式典に出席したことなどに触れ「日系の方々がペルーで大事にされていると感じました。日本とペルーが一緒に発展していくことを願っています」などと話されたということです。

また、眞子さまは、天皇皇后両陛下からのメッセージとして「120周年という記念の年を契機にして、二国間関係がさらに進みますように」などと伝えられ、ビスカラ大統領は「ペルー政府と国民は両国関係をさらに強めたいという強い意志をもっています」とこたえたということです。

このあと、大統領主催の歓迎の昼食会が開かれ、眞子さまは1時間半余りにわたり、大統領夫妻などと親しくことばを交わされたということです。