韓国高官 米に日本の輸出規制の影響を説明 外交攻勢強める

韓国高官 米に日本の輸出規制の影響を説明 外交攻勢強める
日本政府が韓国への輸出規制を厳しくしたことに反発する韓国政府の高官がワシントンを訪れ、アメリカ政府の高官と面会して規制による影響などを説明し、韓国側の懸念に理解を求めました。
ワシントンを訪れているのは、韓国外務省のキム・ヒサン(金希相)局長で、11日、国務省を訪れ日本と韓国を担当するナッパー次官補代理などの高官と面会しました。

面会のあとキム局長は記者団の取材に応じ、アメリカ側に日本による輸出規制の強化や、それが及ぼす影響などを説明し、韓国側の懸念を伝えたことを明らかにしました。

キム局長はアメリカ側がどのような反応を示したのかについて詳しいことは明らかにしませんでしたが、「韓国も日本もアメリカの重要な同盟国なので、アメリカは今の事態に非常に関心を持っている」と述べました。

韓国は大統領府のキム・ヒョンジョン(金鉉宗)国家安保室第2次長も急きょワシントンに派遣し、アメリカ政府の当局者などに韓国政府の立場を説明しているものとみられ、外交攻勢を強めています。

一方、アメリカ政府は日本政府による韓国への輸出規制の強化について、公式の立場は示していません。

アメリカ国務省は11日、前日に行ったポンペイオ国務長官と韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相の電話会談の内容を発表し、「日米韓3か国の協力の重要性を確認した」としていますが、日本の輸出規制については触れていません。

米国務省 政府見解への回答を避ける

アメリカ国務省の11日の記者会見では、日本政府による韓国への輸出規制の強化やこれに対する韓国の反発について一部の記者が質問し、アメリカ政府の見解をただしました。

これに対し国務省のオータガス報道官は「日本と韓国はアメリカの同盟国であり、両国との関係は非常に重要だ。アメリカは3か国の関係強化を追求するため、できることはすべて行う」と述べ、アメリカ政府の見解についての回答を避けました。