ツイッターの接続トラブル おおむね復旧

ツイッターの接続トラブル おおむね復旧
簡易投稿サイトのツイッターは日本時間の12日朝、利用者がアカウントに接続できなくなる障害が世界各地で起きましたが、おおむね復旧しました。
ツイッター社によりますと、日本時間の12日午前4時ごろから一部の利用者がアカウントに接続できなくなる障害が起きました。

原因は、社内で行ったシステムの設定変更によるもので、会社が対応した結果、先ほどまでにおおむね元どおりに利用できるようになったということです。

障害の影響がどの地域に及んだのか、会社側は明らかにしていません。

ツイッターの利用者は全世界で3億人を超え、アメリカのトランプ大統領が頻繁に投稿していることでも知られています。

ツイッターでは、今月3日にも数時間にわたり利用者どうしがメッセージをやり取りする機能が停止する障害が起きていて、技術的な問題が原因だったとしています。