“フェイスブックの暗号資産の規制検討を” 米FRB議長

“フェイスブックの暗号資産の規制検討を” 米FRB議長
世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックが来年から発行するいわゆる仮想通貨=暗号資産について、アメリカの中央銀行にあたるFRBのパウエル議長は、利用者の個人情報や資産を保護するため、国際的な枠組みで規制のあり方を検討していく考えを示しました。
世界で20億人を超える利用者がいるフェイスブックは、来年から「リブラ」と呼ぶ独自の暗号資産を発行し、スマートフォンで買い物の支払いや送金ができるサービスを提供する方針です。

これについて11日、アメリカ議会上院の公聴会に出席したFRB=連邦準備制度理事会のパウエル議長は「この技術革新に安全性や健全性が担保されるかぎりは支持するが、『リブラ』は利用者のプライバシーや犯罪組織によるマネーロンダリングに関して重大な懸念を抱えている」と指摘しました。

そのうえで、「徹底的に調査する必要があり、各国の中央銀行と連携して作業を始めている」と述べ、『リブラ』について各国の財務・金融当局などによる国際的な枠組みで規制のあり方を検討していく考えを示したほか、今月17日からフランスで始まるG7=主要7か国の財務相・中央銀行総裁会議でも議題になると述べました。

フェイスブックは去年、サイバー攻撃によって利用者の個人データが大量に流出し、新たに発行する暗号資産の安全性をどう確保するのか、関心が高まっています。