ホルムズ海峡の進路妨害めぐり イギリスとイランの緊張高まる

ホルムズ海峡の進路妨害めぐり イギリスとイランの緊張高まる
k10011990841_201907120611_201907120714.mp4
中東のホルムズ海峡で、自国のタンカーがイランの船に進路を妨害されたと主張するイギリスが自国の船舶に対し、最大限の警戒を呼びかけているとイギリスのメディアが伝え、イギリスとイランの間で緊張が高まっています。
イギリス国防省は11日、ペルシャ湾のホルムズ海峡でイランの3隻の船が自国のタンカーの進路を妨害したと発表し、「国際法に反した行為だ」としてイランを非難しました。

これに対し、イラン側は革命防衛隊が進路妨害を否定する声明を発表したほか、ザリーフ外相が「地域の緊張を高める価値のない発表だ」と反発しています。

こうした中、公共放送BBCなどイギリスのメディアは、イギリス運輸省が警戒レベルを最高に引き上げ、ホルムズ海峡を航行する自国の船舶に対し警戒を呼びかけていると伝えました。

このうち「スカイニュース」は、できる限りイランの領海での航行を避け、イラン当局の船に注意するよう呼びかけていると伝えています。

イラン側は今月4日に自国のタンカーが、イギリス領ジブラルタルの当局に拿捕(だほ)されたことに対し、革命防衛隊が報復を示唆するなど強く反発しています。

イギリスによる警戒レベルの引き上げはイラン側による報復を警戒する措置とみられ、両国の間で緊張が高まっています。

英外相「現場海域の状況を監視」

イギリスのハント外相は11日、記者団の取材に対し、「事態が今後どのように動くか強く懸念している。常に現場海域の状況を監視しており、イギリスの輸送の安全を守る対策は常に見直していく」と述べました。