原爆で全滅 広島の6人家族を写真で伝える本出版

原爆で全滅 広島の6人家族を写真で伝える本出版
昭和20年8月6日まで続いていた日常が、原爆によって突然絶たれて全滅した広島市の6人家族について、当時撮影された写真で伝える本が完成し、作者の女性が「戦争や原爆で命を落としたたくさんの家族がいたことを忘れないでほしい」と訴えました。
今月、出版された「ヒロシマ消えたかぞく」は、かつて広島市で理髪店を営み、写真が趣味だった鈴木六郎さんと妻、それに4人の子どもの一家6人が、原爆によって全員犠牲となる前の家族の写真をもとに、一家が生きてきた証しを伝える作品です。
作者の絵本作家、指田和さんは11日、写真を保管してきた六郎さんのおいの鈴木恒昭さんと、広島市内で本の読み聞かせなどをする催しを開きました。

この中で鈴木さんは、小学校の帰りに理髪店に寄り、六郎さん一家の子どもたちと遊んだことや、六郎さんが子どもたちの写真をよく撮影していたことなどの思い出を語りました。

指田さんは「子どもたちの笑顔の写真からは温かい家族の様子が伝わってきます。そう遠くない過去、この一家のように戦争や原爆で命を落としたたくさんの家族がいたことを決して忘れないでほしい」と呼びかけていました。

参加した64歳の男性は「幸せな家族の日常が突然断ち切られるようなことが今後起きないよう、平和な社会にしていかないといけない」と話していました。