紀子さま 献血運動推進全国大会に出席 金沢

紀子さま 献血運動推進全国大会に出席 金沢
k10011990391_201907111817_201907111844.mp4
献血への理解を深めてもらおうと「献血運動推進全国大会」が秋篠宮妃の紀子さまも出席されて金沢市で開かれました。
この大会は国内の医療に必要なすべての血液製剤を献血で確保することを目標に毎年、全国各地で開かれています。

ことしの大会は日本赤十字社の名誉副総裁を務める紀子さまも出席されて金沢市で開かれ、献血事業の関係者などおよそ1500人が集まりました。

紀子さまは記録的な大雨となった九州南部の被災者へのお見舞いと亡くなった人への哀悼の意を示されました。

そのうえで「献血ができる年代の人口が減少し、若い世代の積極的な参加が求められています。この大会をきっかけに献血運動の輪が広がっていくことを願います」と述べられました。

このあと白血病の治療で何度も輸血を経験した女性が「あなたの血液がきょうも誰かの命をつないでいます。多くの人が関心をもつよう活動を進めていきましょう」と呼びかけました。

「献血運動推進全国大会」への出席は、これまで今の天皇皇后両陛下が担われてきましたが皇位継承に伴う公務の分担によって、紀子さまがお一人で担われることになりました。