伊豆諸島 大気不安定 12日朝にかけ激しい雨のおそれ

伊豆諸島 大気不安定 12日朝にかけ激しい雨のおそれ
k10011990381_201907112109_201907112124.mp4
低気圧や湿った空気の影響で伊豆諸島は11日夜遅くから大気の状態が不安定になり、12日の未明から朝にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や落雷や突風などに十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと西日本の南岸付近に発生する低気圧が東へ進み、12日昼前にかけて伊豆諸島付近を通過する見込みです。

低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、伊豆諸島では11日夜遅くから大気の状態が不安定になり、特に12日の未明から朝にかけては1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。

12日夕方までの24時間に降る雨の量は多いところで100ミリと予想されています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水のほか、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。

急に冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物に移動するなどして安全を確保してください。

また、小笠原諸島では前線の影響で11日、日中、断続的に雨が降って地盤が緩んでいます。

このあとしばらくは土砂災害などに十分注意が必要です。