「7pay」 外部ID利用のログイン停止

「7pay」 外部ID利用のログイン停止
不正利用が相次いだスマホ決済サービスの「7pay」について、「セブン&アイ・ホールディングス」は、被害の拡大を防ぐためSNSなど外部のIDを利用したログインをできなくしました。
「7pay」の不正利用では、およそ900人が不正ログインの被害にあい、被害額は5500万円に上る可能性があり、会社は「7pay」へのチャージや新規登録を停止しています。

これに加えて、11日午後5時から「7pay」のアプリにログインする方法についても一部を制限する措置を取りました。

具体的には、FacebookやLINE、それにYahooJapan!など5つの外部IDを利用したログインをできなくしました。

ただ会社が独自に発行する「7iD」と呼ばれるIDでは、これまでどおりログインできるということです。

会社によりますと、不正利用の被害はおさまりつつあるということですが、外部の専門家の指摘を受けて今回の措置を決めたということです。

会社では、本人確認のための「2段階認証」の導入や、1日当たり30万円だったチャージの上限額の引き下げなどの対応策をすでに決めていて、原因の究明とともに今後もセキュリティー対策の強化を進める方針です。