「ビートル」生産終了 従業員が別れ惜しむ

「ビートル」生産終了 従業員が別れ惜しむ
k10011990251_201907111831_201907111837.mp4
「カブトムシ」の愛称で親しまれたドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンの小型車「ビートル」の生産が終わり最後の1台を製造したメキシコの工場では多くの従業員が別れを惜しみました。
フォルクスワーゲンの「ビートル」はナチスドイツ時代の1930年代に生産が始まった小型車で、丸みを帯びたフォルムから「カブトムシ」の愛称で親しまれてきました。

世界で2000万台以上が販売されましたが近年は売れ行きが低迷し去年9月、生産の終了が発表されました。

10日、唯一、生産を続けていたメキシコ中部プエブラ州の工場で最後の1台が完成しました。

工場では記念のセレモニーが行われスペイン語で「ありがとう、ビートル」と書かれた看板の前に水色の車体の最後の「ビートル」がゆっくりと登場しました。

メキシコの伝統音楽が生演奏されるなか工場の従業員は「バイバイ」などと書かれたTシャツを着て「ビートル」を囲んで拍手を送り、80年余りの歴史を持つ名車に別れを告げました。

AP通信によりますと最後に生産された1台は販売はされず、メキシコ国内にあるフォルクスワーゲンが運営する博物館で保管されるということです。

日本を含む世界中のファンたちからはツイッターで「本当にお疲れ様でした。また会える日まで」など生産の終了を惜しむ声が相次いでいます。