はやぶさ2 着陸の画像を公開 JAXA

はやぶさ2 着陸の画像を公開 JAXA
JAXAは「はやぶさ2」が小惑星に着陸する直前と着陸の瞬間、それに着陸直後の3枚の画像を公開しました。

着陸時の画像3枚公開

着陸直前の画像は、着地4秒前のもので、リュウグウの表面に岩が密集して敷き詰められているような様子が極めて近い距離から鮮明に映し出されています。
着陸した瞬間の画像は、岩石を採取するための筒状の装置が表面に接触した影響で細かい砂が巻き上がり一部が曇ったように見えています。
着陸直後の画像は着地から4秒後のもので、岩石を採取するための弾丸が発射された影響などで砕けた岩が無数に飛び散っているのが写っています。

研究チームの責任者で、名古屋大学の渡邊誠一郎教授は「これらの画像から、人工クレーターから噴出した砂が岩の上に積み重なっていたものと考えられ、今回の着陸で内部の岩石を採取できている可能性が高く非常に期待ができる」と話していました。

着陸後 上昇時の画像2枚公開

JAXAは「はやぶさ2」が小惑星に着陸したあと、上昇する途中に備え付けられたカメラで撮影した画像2枚を公開しました。

1枚目は着陸からおよそ10秒後の高度10メートル付近で撮影された画像で、白く見えるのは着陸の影響で舞い上がった岩石だということです。
もう1枚の画像は着陸から数分後の高度100メートルほどから撮影したものです。

画像の中央部分に写る周りよりも黒くなっているところが着陸地点だということです。

研究チームの責任者で、名古屋大学の渡邊誠一郎教授は「この画像から、『はやぶさ2』が予定していた着陸地点から1メートルの誤差しかない場所に降りたと推定できる」と話していました。