はやぶさ2 着陸示すデータ

はやぶさ2 着陸示すデータ
k10011989741_201907111029_201907111030.mp4
小惑星内部の岩石を採取する世界初のミッションに挑戦している探査機「はやぶさ2」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、小惑星に着陸したことを示すデータが送られてきたことを明らかにしました。JAXAは現在、着陸に成功したかどうか、最終的な確認を急いでいます。
10日、高度2万メートルから降下を開始した探査機「はやぶさ2」は、11日午前10時まえには高度30メートル付近に到達し、事前に地表に落としておいたボール状の目印をカメラでとらえながら細かく姿勢や位置を制御する、着陸に向けた最終局面に入りました。

そして、自動制御で着陸地点に向けた最後の降下を行った結果、JAXAによりますと、午前10時20分ごろに「はやぶさ2」から着陸を示すデータが送られてきたということです。JAXAは着陸が成功したかどうか、詳細なデータの確認を急いでいます。

JAXAはこのあと記者会見を開き、詳細を説明することにしています。「はやぶさ2」はことし2月の最初の着陸で、小惑星表面にある岩石の採取に成功したとみられていますが、今回の着陸では、ことし4月に作った人工クレーターから飛び散った小惑星内部の岩石を採取する世界初のミッションに挑戦しています。

その瞬間 管制室では歓声上がる

神奈川県相模原市にあるJAXA宇宙科学研究所の管制室の様子を映し出した映像では、午前10時20分ごろ、座っていた人たちも立ちあがって探査機から送られてくるデータが示される画面を見守りました。そして、午前10時21分に、担当者から歓声があがり、笑顔で拍手したり握手をしたりする人のほか、抱き合う様子も見られました。