人類は定説より早くアフリカ外へ?21万年前の化石発見

人類は定説より早くアフリカ外へ?21万年前の化石発見
ギリシャの洞窟から見つかった現代の人類の化石が、アフリカ以外で見つかったものとしては最も古い21万年前のものとみられることがドイツのグループの研究で分かりました。グループでは「現在の人類は定説より数万年も早くアフリカの外に進出しネアンデルタール人などとの共存や競争が長い間複雑な形で行われたことになる」と分析しています。
10日付けのイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に発表された論文によりますと、ドイツのチュービンゲン大学などの研究グループは、ギリシャ南部にある洞窟から発見された2つの頭蓋骨を復元し、放射線による年代測定を行いました。

その結果、前頭部の特徴などから、頭蓋骨の一つは17万年前のネアンデルタール人のものとみられましたが、もう一つはそれより4万年古い21万年前のホモ・サピエンス、つまり私たちと同じ現代の人類のものとみられることが分かりました。

これまで見つかっている現代の人類の化石は、誕生の地とされるアフリカで30万年前、中東で18万年前、東アジアで9万年前、ヨーロッパでは5万年前などとされていて、アフリカ以外で見つかったホモ・サピエンスの化石としては最も古いものとみられるということです。

今回の研究成果について研究グループは「現在の人類がアフリカの外に進出したのは定説より数万年も早いことになる。ネアンデルタール人などとの共存や競争が長い間複雑な形で行われたことになり、人類の歴史の解明に役立つ」と分析しています。