盗難届ナンバーの車 男が警告無視し逃走 警察官3人軽いけが

盗難届ナンバーの車 男が警告無視し逃走 警察官3人軽いけが
k10011989441_201907110449_201907110509.mp4
10日夜、和歌山市で、盗難届が出ているナンバープレートを付けた車に乗り込もうとした男に警察官が職務質問をしようとしたところ男が車を急発進させて逃走し、警察官3人が軽いけがをしました。ナンバープレートは先月大阪で盗まれたもので、警察が男の行方を捜査しています。
10日午後7時前、和歌山市次郎丸にある古本などを販売する店舗の駐車場で、盗難届が出ているナンバープレートを付けた車に乗り込もうとした男に警察官が職務質問しようとしたところ、男が車を急発進させました。

車は前をふさいでいた捜査車両にぶつかったため、警察官が工具を使って運転席右側の窓ガラスを割ったり男の腕をつかんだりして止まるよう警告しました。しかし男は再び車を発進させてそのまま逃げたということです。

現場には10人ほどの警察官がいて、このうち3人が割れたガラス片で腕や手に軽いけがをしました。

男は年齢が30歳くらい、身長は1メートル70センチから1メートル75センチぐらいで髪は短くマスクを付けていて、いずれも白色のズボンと長袖のシャツを着ていたということです。

また車のナンバープレートは先月大阪で盗まれたもので、車は白のセダンタイプだということです。警察は公務執行妨害の疑いで逃げた男の行方を捜査しています。