はやぶさ2 計画どおり減速に成功 11日午前10時すぎ着陸へ

はやぶさ2 計画どおり減速に成功 11日午前10時すぎ着陸へ
世界初となる小惑星内部の岩石採取を目指し、「リュウグウ」に向けて降下を続けている日本の探査機「はやぶさ2」は、10日午後9時すぎ、高度5000メートル付近で、計画どおり、速度をそれまでの4分の1の秒速10センチに落とすことに成功しました。順調にいけば、着陸は11日午前10時5分ごろの予定です。
10日午前11時前に小惑星「リュウグウ」に向けて高度2万メートルから降下を始めた探査機「はやぶさ2」は、秒速40センチの速度で順調に降下を続けました。

そして高度5000メートル付近に到達した10日午後9時6分、計画どおり、速度を4分の1の秒速10センチに落とすことに成功しました。「はやぶさ2」はこの速度のまま、高度30メートルまで降下を続け、順調にいけば、11日午前10時5分ごろに着陸する予定です。

ことし2月の最初の着陸の際、「はやぶさ2」は小惑星表面の岩石を採取したとみられていますが、今回は、ことし4月に金属の塊を衝突させて作った人工クレーターの近くに着陸し、世界初となる小惑星内部の岩石の採取に挑みます。

内部の岩石は、宇宙を飛び交う放射線などの影響をあまり受けていないことから、太陽系が誕生したころの状態をよりとどめていると考えられていて、生命の起源や太陽系誕生の謎の解明が期待されます。

着陸地点は、大きな岩石がない、直径7メートルほどの狭いエリアで、JAXAは、初回に続いて高度な機体誘導の技術が求められる難しいミッションになるとしています。