エルニーニョ現象が終息 8月は平年並みの暑さか

エルニーニョ現象が終息 8月は平年並みの暑さか
発生すると日本で冷夏になる傾向がある「エルニーニョ現象」について、気象庁は「終息したとみられる」と発表しました。
「エルニーニョ現象」は南米・ペルー沖の太平洋の赤道付近で、海面水温が平年より高くなる現象で、夏場に発生すると西日本で気温が低くなる傾向があるなど日本を含む世界の天候に影響を及ぼすと考えられています。

気象庁によりますと去年秋からエルニーニョ現象が発生していましたが、最新の観測では、海面水温が次第に下がっているということで、気象庁は、10日「エルニーニョ現象は終息したとみられる」と発表しました。

エルニーニョ現象が起きている間は、インド洋でも海面水温が上昇して日本付近で低気圧が発達しやすい傾向がありますが、こうした状態も今後、解消に向かうとみられるとしています。

気象庁の担当者は「7月は天候が悪く、全国的に気温が低い予想となっているが8月は平年並みの暑さとなる見込みだ。ただし、予想は変わる可能性があるので最新の情報を確認してもらいたい」と話しています。