NGT48運営会社 ファン2人に損害賠償求めた裁判始まる 新潟

NGT48運営会社 ファン2人に損害賠償求めた裁判始まる 新潟
新潟を拠点として活動するアイドルグループ「NGT48」について、活動が事実上休止しているのはメンバーに対するファンの暴行によるものだとして運営会社がファンの男性2人に合わせて3000万円の損害賠償を求めている裁判が10日から新潟地方裁判所で始まりました。被告側は争う姿勢を示したということです。
新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」をめぐっては去年12月、メンバーの自宅にファンの男性2人が押しかけてトラブルになり、その後、公演が中止になるなど活動は事実上休止しています。

グループの運営会社は2人がメンバーに対し顔をつかむ暴行を加えたとしていて、このトラブルをきっかけにメンバー間の信頼関係が失われて活動が困難になったなどとして、2人に損害の一部である3000万円の賠償を求めています。

2人は暴行の疑いで逮捕されましたが、その後、不起訴になり釈放されています。

新潟地方裁判所で始まった10日の裁判では、被告側は出席しませんでしたが、原告側の弁護士によりますと被告側は訴えを退けるよう求める答弁書を提出し、争う姿勢を示したということです。

原告側の遠藤和宏弁護士は「損害賠償の請求以上にトラブルの真相解明を求めている。メンバーやその親族も同じ思いだ。原因を究明し再発防止策につなげるため裁判を進めたい」と話していました。