”商店会連合会が補助金不正受給” 都が杉並区に返還求める

”商店会連合会が補助金不正受給” 都が杉並区に返還求める
k10011989161_201907102100_201907102105.mp4
東京都が商店街の振興を支援するため、区市町村を通じて交付する補助金を、杉並区にある商店会連合会が領収書を偽造するなどして不正に受け取っていたとして、都は補助金を支払った杉並区に対し、これまでの補助金1900万円余りを返還するよう求めました。
東京都によりますと、杉並区のおよそ20の商店会でつくる「西荻窪商店会連合会」は、都が商店街の振興につながるイベントの開催費用などを補助する事業を活用し、平成26年度から昨年度までの5年間で祭りの開催費用として1900万円余りの補助金を杉並区を通じて受け取りました。

これまでの都の調べで連合会側が、補助金の申請にあたって領収書に架空の金額を記入して経費を水増ししたことや、集めていた協賛金を申告していなかったことが分かったということです。

都は合会側が補助金を不正に受け取っていたと判断し、補助金を実際に支払った杉並区に対してこれまでの補助金1900万円余りを返還するよう求めました。

また都は区に対して違約金も請求する方針です。

都によりますと、この連合会は今回の問題の前にも補助金の申請にあたってイベントの協賛金を申告していなかったことがあり、都は適切なチェックを行うよう杉並区を指導していたということです。

杉並区「対応を検討したい」

これについて杉並区は、西荻窪商店会連合会が領収書を偽装していたことは認めているものの、補助金の申請にあたって申請者が集めた協賛金を申告するべきかどうかは都と区の間で見解の相違があるとしています。

そのうえで杉並区は「東京都からきょう返還請求を受けたばかりで、対応については今後検討したい」と話しています。

西荻窪商店会連合会「杉並区の調査中でコメントできない」

今回の問題について西荻窪商店会連合会は「杉並区の調査を受けており、現段階ではコメントできない」と話しています。