新幹線が停電でも自力走行可能 世界初のシステム公開 JR東海

新幹線が停電でも自力走行可能 世界初のシステム公開 JR東海
k10011988991_201907101726_201907101734.mp4
来年夏から東海道新幹線の新型車両を導入するのを前に、JR東海は災害などで停電したときにも自力で走行できるシステムを使った新型車両の走行試験を静岡県三島市で公開しました。
東海道新幹線の新型車両「N700S」は大規模な災害などで停電した際、車両に搭載したリチウムイオン電池を使って架線の電力に頼らずに自力で走行できるシステムが、高速鉄道としては世界で初めて導入されています。

10日は静岡県三島市の新幹線車両所で、実際にそのシステムを使って走行する試験が公開されました。

試験ではまず車体の屋根のパンタグラフを下げて車両に電力を供給している架線から離し、停電したのと同じ状態にしました。

そして16両編成のうち4つの車両に搭載したリチウムイオン電池で車内の照明を復旧すると時速30キロまでゆっくりと加速し、およそ2キロの距離を走りました。

JR東海によりますと「N700S」の営業運転は東京オリンピックが開催される前の来年7月の開始を予定しているということです。

JR東海新幹線鉄道事業本部の田中英允担当部長は「東海地方で大きな災害が懸念される中、非常時に対応できる新システムを導入することで乗客の安全をより確保できるように努めたい」と話していました。