JR上越線 運転再開

JR上越線 運転再開
10日未明、群馬県みなかみ町のJR上越線で架線が切れているのが見つかり、上越線は始発から水上駅と越後中里駅の間の上下線で運転できない状態になっていましたが、正午すぎに、上下線とも運転を再開しました。
JR東日本高崎支社によりますと、10日午前0時40分ごろみなかみ町大穴を走行中のJR上越線の下り貨物列車の運転士が架線が切れているのを見つけ、緊急停止しました。

この影響で上越線は水上駅と越後中里駅の間の上下線で始発から運転できない状態になっていましたが、午後0時13分から上下線とも運転を再開しました。

JRによりますと、このトラブルの影響で、上りと下りの普通電車合わせて8本が運休しました。JRは架線が切れた原因を詳しく調べています。