「スーパー台風」の猛烈な風を再現 体験し災害に備えて 茨城

「スーパー台風」の猛烈な風を再現 体験し災害に備えて 茨城
k10011988671_201907101226_201907101227.mp4
「スーパー台風」と呼ばれるような猛烈な台風の脅威を体験して備えを進めてもらおうと、大型の送風機で台風に匹敵する風を再現する実験が茨城県筑西市で行われました。
実験は送風装置や換気設備の開発や設計を手がける会社が企画し、地元の住民などが招かれました。この会社が開発した大型送風機を使うと、最大風速が60メートル以上になるような「スーパー台風」と呼ばれる台風に匹敵する猛烈な風が再現できるということです。

10日は風速30メートルと風速80メートルの2段階の強さに分けて、傘をさしたり、ベビーカーを押したりしながらの歩行や、自転車で走行する実験が行われました。

このうち傘をさした状態では風速30メートルの段階で歩くことが難しくなり、風速80メートルでは傘の骨組みが壊れ、全く役に立たなくなっていました。

また風速80メートルの風ではベビーカーも自転車も風に吹き飛ばされ、参加者たちは猛烈な風の脅威を感じている様子でした。

実験に使った大型送風機は、ふだんはトンネル工事での空気の換気やフェンスなどの耐久試験に使われているということです。

実験を行った流機エンジニアリングの西村司社長は「風は目には見えないが、台風の際などに自分たちが行動する際の危険を知ってほしいです」と話しています。