神経の働き がんの進行に影響か 岡山大学などがマウス実験

神経の働き がんの進行に影響か 岡山大学などがマウス実験
k10011988261_201907100442_201907100444.mp4
がんが進行する際に神経の働きが影響している可能性があることを、岡山大学などのグループがマウスを使った実験などで明らかにしました。
がんの腫瘍の中には、血管に加えて神経が入り込むことが報告されていますが、この神経がどのように働いているのかはよくわかっていません。

岡山大学や東京医科大学などの研究グループは、独自の技術を使って緊張した時に働く交感神経をがんの中で活発に働かせたところ、腫瘍が大きくなるなどがんが進行し、交感神経の働きを止めるとがんの進行もおさえられることを、乳がんのマウスを使った実験で確認したということです。

岡山大学の神谷厚範教授は「がんの進行とこうした神経の関係を示したのは初めてで、将来的には神経を操作する治療法を開発したい」と話しています。