サッカー日本代表DF冨安 ボローニャへ移籍

サッカー日本代表DF冨安 ボローニャへ移籍
サッカー日本代表のディフェンダー、冨安健洋選手(20)がベルギー1部リーグのシントトロイデンから、イタリア1部リーグのボローニャに移籍することが決まりました。
これは両クラブがホームページで発表しました。

20歳の冨安選手は、身長1メートル88センチと長身ながら、俊敏さや器用さも兼ね備えたディフェンダーです。

日本代表では、去年7月に就任した森保一監督のもと主力に成長し、日本が準優勝したアジアカップや先月招待を受けて参加した南米王者を決める大会「コパアメリカ」にも出場しました。

冨安選手が移籍するボローニャは、2004年に元日本代表の中田英寿さんも在籍したクラブで、昨シーズンは10位でした。

冨安選手は「この1年半は僕にとって大きな転機になりましたし、シントトロイデンでプレーすることができて幸せでした。次のチームに行ってもシントトロイデンでの日々を誇りに思ってプレーしていきたいと思っています。成功をおさめられるよう頑張るので応援よろしくお願いします」とコメントしています。