玄海原発 運転しないよう求める仮処分 きょう判断 福岡高裁

玄海原発 運転しないよう求める仮処分 きょう判断 福岡高裁
k10011988061_201907101007_201907101009.mp4
佐賀県にある玄海原子力発電所3号機と4号機の安全性をめぐり、地元の住民などが運転しないよう求めた仮処分について、福岡高等裁判所は10日に判断を示します。
佐賀県にある玄海原子力発電所3号機と4号機をめぐり、佐賀県や福岡県などの住民は、地震や火山の巨大噴火に対する安全性が確保されていないとして、九州電力に対して運転しないよう求める仮処分を申し立てました。

おととし、佐賀地方裁判所は申し立てを退ける決定を出し、住民173人が即時抗告しました。

これまでの審理では、住民側が「想定される地震の揺れが過小評価されている」と主張したのに対して、九州電力は「合理的な計算式を使い、揺れが過小にならないように評価している」と反論しました。

また火山については、住民側が「噴火の予知は不可能だ」と主張したのに対して、九州電力は「巨大噴火の可能性は極めて低いことを確認した」と反論しました。

この仮処分の申し立てについて、福岡高等裁判所は10日午後、判断を示すことにしています。

玄海原発3号機と4号機はいずれも原子力規制委員会の審査に合格し、去年再稼働していて、裁判所の判断が注目されます。

主な争点は

主な争点は、地震や火山の巨大噴火に対する安全性が確保されているかどうかです。

このうち地震については、玄海原発3号機と4号機で想定される最大規模の地震の揺れ、「基準地震動」の大きさが妥当かどうかが争われました。

住民側は、「九州電力が使用している計算式では地震の揺れが過小評価となり、ほかの計算式で算出すれば基準地震動ははるかに大きくなる」などと主張しました。

一方、九州電力は、「地震の計算式は信頼性が高く、最近起きた地震のデータとも整合性があり合理的なものだ。玄海原発周辺の地域的特性なども踏まえて、揺れが過小にならないように評価している」などと反論しました。

また火山については、玄海原発が運用されている期間中に、九州にあるカルデラ火山で巨大噴火が起きる可能性やその影響の大きさなどが争われました。

住民側は「噴火を予知するのは不可能で、阿蘇カルデラで過去最大規模の噴火が起きた場合、原発に火砕流が到達する可能性が十分に小さいとは言えない」などと主張しています。

一方、九州電力は「国内や海外の最新の知見を踏まえて噴火の可能性を評価した結果、九州のカルデラ火山が巨大噴火を起こす可能性は極めて低いことを確認した」などと反論しています。

玄海原発の現状

佐賀県玄海町の玄界灘に面した玄海原子力発電所は、1号機から4号機まで合わせて4基の原子炉があります。このうち1号機と2号機はいずれも廃炉が決まっています。

3号機と4号機は福島第一原発の事故を受けて運転が停止された後、おととし、新しい規制基準に適合しているとして原子力規制委員会の審査に合格し、翌年いずれも再稼働しました。

これに対して地震や火山の巨大噴火に対する安全性が確保されていないとして、佐賀県や福岡県などの住民たちが申し立てたのが今回の仮処分です。

これとは別に、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムとウランを混ぜた「MOX燃料」を使用している玄海原発3号機については、燃料が壊れて事故が起きるおそれがあるなどとして、住民などがMOX燃料の使用を認めないよう求める裁判を起こしましたが、訴えが退けられ確定しています。

3号機は現在定期検査中で、来月、営業運転を再開する予定で、稼働中の4号機は来月から定期検査に入る予定です。