新小結 竜電が2日連続で大関破る 大相撲名古屋場所3日目

新小結 竜電が2日連続で大関破る 大相撲名古屋場所3日目
大相撲名古屋場所は3日目、新小結の竜電は栃ノ心を上手出し投げで破り2日続けて大関から白星を挙げました。
中入り後の勝敗です。

照強に魁聖は、照強が押し出しで3連勝。

琴勇輝に炎鵬は、炎鵬が押し出しで3連勝です。

豊ノ島に矢後は、矢後が寄り切り。

千代丸に輝は、輝が押し出し。

栃煌山に佐田の海は、佐田の海が寄り切り。

琴恵光に新入幕の貴源治は、貴源治が押し出しで3連勝です。

錦木に大翔鵬は、錦木が寄り切り。

阿武咲に隠岐の海は、隠岐の海がはたき込み。

松鳳山に友風は、友風が押し出しで3連勝です。

千代大龍に志摩ノ海は、志摩ノ海が突き落とし。

妙義龍に宝富士は、妙義龍が押し出し。

明生に逸ノ城は、逸ノ城が寄り切り。

琴奨菊に大栄翔は、琴奨菊が押し出しで3連勝。

新小結の阿炎に正代は、阿炎が突き出しで勝ちました。

御嶽海に玉鷲は、御嶽海が押し出し。

遠藤に大関高安は、高安が取り直しの一番を制して突き落とし。

大関豪栄道に碧山は、豪栄道が押し出し。

新小結竜電に大関栃ノ心は、竜電が上手出し投げ。

栃ノ心は3連敗です。

竜電は、2日続けて大関から白星を挙げました。

10日は横綱白鵬に挑みます。

北勝富士に横綱白鵬は、白鵬が上手ひねり。

横綱鶴竜に朝乃山は、鶴竜が肩透かしで勝ちました。

各力士の談話

3連勝の照強は、「相手の魁聖は重かった。立ち合いで当たったら重すぎて左に動いたら相手が崩れた。体はすごく動いている。いいねえ」とご機嫌でした。10日の炎鵬との小兵どうしの一番に向けては、「変わらず自分の相撲を取るだけ。苦手じゃないので、いっちょうやったる」と意気込んでいました。

幕内で最も軽い体重99キロの炎鵬も3連勝。「幕内での相撲に慣れはないが、先場所よりは集中できている」と振り返りました。9日はなかなか立ち合いがあいませんでしたが「先場所と比べて2倍くらい長く立ち合いについて考えていて、その分、相手に押されても残れている」と話していました。

新入幕の貴源治も3連勝。「イメージどおりに足が出た。一日、一日、集中するだけだ。今がよくてもここから連敗するかもしれない。一番、一番、集中できている。新入幕という意識はないが、十両との違いは、所作と観客の数だ。観客の数で緊張することはなく土俵は変わらない。いつもどおり先場所と同じようにいきたい」と淡々と話していました。

3連勝の友風は、「勝つとうれしい。次の日、気持ちを切り替えられるのがいい。連勝や連敗はあまり気にしない。自分は押し相撲なのでそれを見せたい。一日おきくらいにうなぎを食べている。うなぎパワーで頑張りたい」と笑顔を見せていました。

大関経験のある琴奨菊も3連勝、「いい感じだ。しっかり圧力と力が相手に伝わっている。リズムがいいと思う」と笑顔でした。

新小結の阿炎は、新三役での初白星に「よかった。いつもより左を使えたのでもっともっと使えるようにしたい」とほっとした様子でした。

取り直しの一番を制した大関・高安は、「内容はよくない。勝ち負けうんぬんよりも内容がね。自分の相撲ではないですね」と淡々と話していました。

新小結の竜電は、2日続けて大関から白星を挙げ「しっかり当たったんでいい形になった。正直、うれしいです。もっと勝ちたい気持ちもあるがリラックスしてやっていきたい。あすの横綱との一番もいつもと変わらない」と淡々と話していました。

一方、3連敗となった栃ノ心は、「全然ダメですね」と話し、ため息をついたあと、「はい、ダメでした」と繰り返しました。

前頭筆頭の朝乃山の挑戦を受けた横綱・鶴竜は、「まわしを取られないようにした。自分の相撲を取ろうとね。先に動いたのがよかった」と振り返りました。場所前に痛めた腰については、「日に日によくなっている。負担がかからないようにね」と話していました。

一方、敗れた朝乃山は、「立ち合いは、当たっていくことだけを考えていた。今場所の横綱戦が終わった。切り替えていきたい。下がらず前に出ての負けなので悪くはなかった。今場所は勉強の場所なので、できなかったところは考えていきたい」と、時折悔しそうな表情を見せていました。

3連勝の横綱・白鵬は、「立ち合いは悪くなかった」と相撲を振り返ったうえで、休場明けの場所での相撲勘について「そこがどうなるかと思っていたが、動いています」と手応えを口にしました。