96歳女性殺害容疑で70歳の義理の娘逮捕 介護疲れか 愛知 蒲郡

96歳女性殺害容疑で70歳の義理の娘逮捕 介護疲れか 愛知 蒲郡
7日、愛知県蒲郡市の住宅で、96歳の女性が殺害されているのが見つかった事件で、警察は9日、同居している70歳の義理の娘を殺人の疑いで逮捕しました。高齢者が高齢者を介護する「老老介護」の状態だったということで、警察は、介護疲れが事件の背景にあるとみて調べています。
7日の朝、愛知県蒲郡市形原町の住宅で、この家に住む大塚キヨ子さん(96)が1階の寝室のベッドの上で死亡しているのが見つかり、警察は、遺体の状況から、首をひものようなもので絞められて殺害されたとみて、同居している長男夫婦から話を聞くなどして捜査していました。

その結果、9日、長男の妻の大塚文子容疑者(70)を、キヨ子さんの首を絞めて殺害したとして、殺人の疑いで逮捕しました。

警察によりますと、キヨ子さんは、ことし5月ごろに足をけがして以降、寝たきりの状態になっていたということで、主に大塚容疑者がキヨ子さんの介護をしていたということです。

大塚容疑者は、キヨ子さんの遺体が見つかった日の朝、救急車で病院に運ばれていて、9日退院したことから逮捕に踏み切りました。

警察によりますと、調べに対し容疑を認め、「義理の母の世話で眠れなくなった」などと供述しているということです。

警察は、「老老介護」による介護疲れが事件の背景にあるとみて、詳しいいきさつを調べています。