岐阜 中学生転落死「市教委は遺族の意向踏まえ対応を」文科相

岐阜 中学生転落死「市教委は遺族の意向踏まえ対応を」文科相
岐阜市で中学3年の男子生徒がマンションから転落して死亡し、自宅からいじめを示唆するメモが見つかった問題で、柴山文部科学大臣は、市の教育委員会に対し、遺族の意向を踏まえた適切な対応を求める考えを示しました。
この問題で、文部科学省は、8日、いじめ問題などを担当する職員を派遣し、岐阜市教育委員会の担当者から聞き取りを行い、真相を解明して、再発防止を徹底するよう指導しました。

柴山文部科学大臣は、記者会見で、「亡くなった生徒に哀悼の意を表し、遺族にお悔やみ申し上げる。担任が、同級生から渡されたいじめを訴えるメモを廃棄したなどの対応が明らかになっていて、市の教育委員会が第三者委員会を立ち上げて調査すると聞いている」と述べました。

そのうえで、市の教育委員会に対し、遺族の意向を踏まえた適切な対応を求める考えを示しました。

一方、柴山大臣は、埼玉県所沢市で中学2年の男子生徒が同級生に刺されて殺害された事件について、「大変衝撃だ。文部科学省としては、事案が複雑なので、県教育委員会を通じて、しっかりと状況の把握に努めていく」と述べました。