ペルーとボリビアへの移住120周年 眞子さま記念式典出席へ出発

ペルーとボリビアへの移住120周年 眞子さま記念式典出席へ出発
k10011987371_201907091314_201907091316.mp4
秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、日本人が移住を始めて120周年になるペルーとボリビアを公式訪問するため、9日昼前、成田空港を出発されました。
眞子さまは、成田空港で宮内庁の幹部などから見送りのあいさつを受け、午前11時半前、先に訪問するペルーに向けて民間機で出発されました。

ペルーとボリビアは、日本人が移住を始めてからことしで120年となり、ペルーには世界で3番目に多いおよそ10万人の日系人社会があり、ボリビアにも1万人を超える日系人が暮らすとされています。

訪問は2週間にわたり、眞子さまは、両国で、移住120周年の記念式典に出席しておことばを述べるほか、両国の大統領を表敬訪問するなどして親善に努められます。

また、日本人の移住地などを訪れて移住者や日系人と交流し、ペルーではインカ帝国時代の遺跡で世界遺産のマチュピチュに足を運び、現地の村の発展に尽くした日本人の移住者について説明を受けられる予定です。

眞子さまがペルーとボリビアを訪問するのは初めてで、外国の公式訪問は、去年7月、日本人の移住110周年を迎えたブラジルを訪ねられて以来5回目です。