関取在位歴代1位タイ 十両 安美錦が休場 ひざにけが

関取在位歴代1位タイ 十両 安美錦が休場 ひざにけが
大相撲名古屋場所で関取在位が117場所に達し、歴代1位に並んだ十両の安美錦が、右ひざなどのけがのため3日目の9日から休場しました。
現役の関取では最年長となる40歳の十両11枚目、安美錦は関取在位が117場所に達し、大関魁皇と並ぶ歴代1位となって名古屋場所を迎えていました。

しかし、8日の2日目の竜虎との取組で「寄り倒し」で敗れた際に右ひざ付近を痛め、師匠の伊勢ヶ浜親方は3日目の9日から休場させる考えを示していました。

安美錦は、名古屋市内の病院で診察を受けた結果、右ひざの半月板損傷などのけがで2週間の休養や治療が必要と診断され、9日、日本相撲協会に休場を届け出ました。

安美錦の休場は去年の初場所以来11回目で、9日に対戦する予定だった荒鷲は不戦勝となります。

伊勢ヶ濱親方「2、3日様子を見る」

安美錦の師匠の伊勢ヶ濱親方は9日午後、「とりあえず2、3日様子を見る」としたうえで、再出場の判断については「新しいけがではないので、本人が自分で判断するでしょう」と話しました。