久保建英 レアルマドリードに合流 チームメートにあいさつ

久保建英 レアルマドリードに合流 チームメートにあいさつ
サッカー、スペイン1部リーグの強豪 レアルマドリードに移籍が決まった18歳の久保建英選手が8日、チームに合流し、早速チームメートとあいさつを交わしました。
先月、史上2番目の若さで日本代表デビューを果たした久保選手は、J1のFC東京からレアルマドリードに移籍することが決まり、8日にマドリード市内でチームに合流しました。

この日はチームのシーズン始動日で、ジダン監督をはじめ、去年、FIFAの最優秀選手に選ばれたモドリッチ選手など、そうそうたる顔ぶれがクラブハウスに集まる中、久保選手もチームメートと握手をしてあいさつを交わしました。

レアルマドリードは9日から北米に遠征して、ドイツ1部リーグのバイエルンミュンヘンなど強豪3チームと試合を行うことになっています。

久保選手は、「カスティージャ」というスペイン3部リーグに所属する、レアルマドリードのBチームでプレーする予定ですが、北米遠征にも帯同するとみられています。