コップ投げ暴行容疑で町議逮捕「投げたが当たらず」一部否認

コップ投げ暴行容疑で町議逮捕「投げたが当たらず」一部否認
8日夜、埼玉県美里町の町議会議員が、隣接する本庄市の飲食店で男性と口論になった末にコップを投げつけたとして暴行の疑いでその場で逮捕されました。調べに対し「コップを投げたが、当たっていない」と話しているということです。
逮捕されたのは美里町議会議員の内田三郎容疑者(67)です。

警察によりますと、8日夜8時半ごろ、隣接する本庄市の飲食店で、店内にいた60代の男性と口論になった末にコップを投げつけたとして、暴行の疑いが持たれています。

20分ほど前に1人で来店し、隣に座った男性と酒を飲みながら話をするうちにトラブルになったということで、店員の通報で駆けつけた警察官にその場で逮捕されました。

調べに対し「コップを投げたが、当たっていない」と話し、容疑を一部否認しているということです。