「核兵器の獲得決して許さず」米副大統領 イランに厳しい態度

「核兵器の獲得決して許さず」米副大統領 イランに厳しい態度
k10011987041_201907090517_201907090712.mp4
アメリカのペンス副大統領は、イランがウランの濃縮度が核合意で制限された基準を超えたと明らかにしたことを受けて、「イランが核兵器を手にすることは決して許さない」と述べ、厳しい態度で臨む考えを強調しました。
イランは、核合意で約束された経済的な利益が得られていないとしてウランの濃縮度を引き上げると発表し、8日には濃縮度が核合意で制限されていた基準の3.67%を超えたと明らかにしました。

ペンス副大統領は8日、ワシントンで開かれたキリスト教福音派の団体の集会に出席し、「イランは悪意のある活動をエスカレートさせている」と述べ、強く非難しました。

そして「われわれはイランの経済に圧力をかけ続けていく。トランプ大統領のもと、アメリカはイランが核兵器を手にすることを決して許さない」と述べ、厳しい態度で臨む考えを強調しました。

トランプ政権としては、核開発の脅威をヨーロッパなど各国に訴えてイランを孤立化させたい思惑があるとみられます。

また、ペンス副大統領は「イランは、アメリカの自制を決断の欠如と勘違いすべきではない。うまくいくことを期待しているが、アメリカ軍は、われわれの国益や現地にいるアメリカ人を守る準備ができている」とも述べ、軍事攻撃の可能性も排除しない構えを示しました。

ボルトン補佐官「イランへの圧力 強化し続ける」

集会ではボルトン大統領補佐官も演説し、イランがウランの濃縮度を制限を超えるレベルまで引き上げたと明らかにしたことなどについて「国際社会の平和と安全にとって重大な脅威だ」と述べ、強く非難しました。

そして「トランプ大統領は去年5月、アメリカの歴史の中で最悪の外交上の失敗だったイランの核合意から離脱することを表明し、中東で大きな成功を収めた。イランに最大限圧力をかける取り組みは機能している」と述べ、トランプ政権の政策は成果を上げていると強調しました。

そのうえで「イランの体制が核兵器開発を放棄し、中東での暴力的な活動や世界でのテロをやめないかぎり、われわれはイランへの圧力を強化し続ける」と述べ、イランを強くけん制しました。

この集会はトランプ大統領の重要な支持基盤でもあるキリスト教福音派の有力団体が開いたもので、参加者はイランと敵対するイスラエル寄りの立場をとっています。

このため、ペンス副大統領やボルトン補佐官らから強硬な発言が出るたび、参加者たちは一斉に立ち上がったり大きな拍手を送ったりしていました。