男子生徒殺害事件 包丁洗い証拠隠滅図ったか 逮捕の同級生

男子生徒殺害事件 包丁洗い証拠隠滅図ったか 逮捕の同級生
k10011986831_201907090530_201907090711.mp4
埼玉県所沢市で中学2年の男子生徒が殺害された事件で、逮捕された同級生が調べに対し「台所から包丁を持ってきて刺した」と供述している一方、現場に残された包丁には血の痕がはっきりとは付いていなかったことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は包丁を洗って証拠隠滅を図った疑いもあるとみて調べています。
今月5日、埼玉県所沢市で中学2年生の本郷功太郎さん(13)が包丁で刺されて殺害され、同級生の14歳の男子生徒が逮捕されました。

これまでの調べで、本郷さんは一緒にテスト勉強をするために男子生徒の自宅を訪れたとみられ、調べに対し男子生徒は「以前、教科書を隠されるなどのトラブルがあり問い詰めたら否定されけんかになった」などと供述しているということです。

その後の調べで「台所から包丁を持ってきて刺した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

一方、現場に残された包丁には、血の痕がはっきりとは付いていなかったということで、警察は包丁を洗って証拠隠滅を図った疑いもあるとみて調べています。