韓国 WTOで意見表明へ 日本の輸出規制「ルール違反」主張か

韓国 WTOで意見表明へ 日本の輸出規制「ルール違反」主張か
k10011986871_201907090541_201907090658.mp4
半導体の原材料などの韓国向けの輸出規制を厳しくする日本政府の措置に反発を強める韓国政府は9日、WTO=世界貿易機関で意見を表明することにしています。日本側が貿易ルールに違反していると訴え、国際的な場で理解を求めるものとみられます。
スイスのジュネーブに本部を置くWTOは貿易紛争の解決などにあたる国際機関で、8日に加盟国が集まる理事会が始まりました。

冒頭、韓国の出席者は、日本政府が先週発表した韓国向けの輸出規制を厳しくする措置に関して意見を述べたいと申し出ました。

意見表明は日本時間の9日夕方以降になる見通しですが、具体的な内容について韓国側は、NHKの取材に「コメントできない」としています。

ただムン・ジェイン(文在寅)大統領は8日、「日本が常に主張してきた自由貿易の原則に立ち返ることを願う」と述べており、日本の輸出規制がWTOのルールに違反していると訴えて国際的な場で理解を求めるものとみられます。

さらに韓国政府は日本政府に2国間での協議を求め、韓国企業に実害が及んだ場合には相応の措置をとると警告しています。

ムン大統領は10日にも韓国の大手企業のトップから影響などを聞き取ったうえで、WTOに提訴する手続きを行うかや、日本政府との協議をどう進めるかについて検討を急ぐものとみられます。